? 人間の食事との違い
食事量

人間の食事との違い

人間の食事とワンちゃんの食事の大きな違いは味付けにあるのですが、その理由としてワンちゃんは人間のように汗をかく事が出来ません。
汗をかかないということは塩分が不要ですからワンちゃんの場合は味付けを薄くしないといけないのです。
人間が辛くない、甘くないと感じる味でもワンちゃんにとっては体に負担をかけてしまいます。
犬は味覚が鈍感ですから、飼い主がしっかりと食事を管理する必要があります。
そうならないためにワンちゃんにはドッグフードを与える事が健康的にも良いとされる状況になるので、人間の食事を欲しがっていても、絶対に与えずに、ワンちゃん用の餌であるドッグフードをしっかりと食べさせる必要があるのです。

このように人間の食事とワンちゃんの食事とでは大きな特徴の違いがあるので、そこをしっかり理解して、ワンちゃんの体に負担をかけないことを第一に考える必要があります。
これからワンちゃんの生活を健康的にしていきたいという方は、愛犬の健康について考えられたドッグフードを活用して、いつまでも健康的な生活を送れるようにしましょう。
人間には人間の食事があるように犬には犬の食事があるのです。

このページの先頭へ