? 輸入品のドッグフードの注意点
食事量

輸入品のドッグフードの注意点

毎日与えるドッグフードは家計にも響くものです。
特に多頭飼いになると費用がかさんでしまい、なんとか価格を抑えたいと考えることでしょう。
そこで安い輸入品の大袋ドッグフードを買っている方も多くいます。
ですが、価格が安いのには理由があります。
粗悪な原材料を使用したり、安い人件費で人を雇っているなど悪い理由があって低価格で抑えられていることもあります。粗悪な原材料の中には4Dの肉を使用してあるものもあります。
そのドッグフードを与えてしまったために健康に害が出たり、元気がなくなったりするなどの影響が出てきてしまいます。

全ての輸入品がそう悪いではなく、中には輸入した後に国内できちんと審査してあるものもあるので、それを選ぶと良いでしょう。
輸入品がどれも悪いというわけではなく、きちんとしたものを選ぶ事で、輸入品のドッグフードでも安心して食べさせる事が出来るので、飼い主がしっかり判断することが大事なのです。
このように輸入品のドッグフードでも安くて質の良い物は存在しますから、そちらを選んであげるようにしましょう。

このページの先頭へ